歩き方が骨盤を変える

歩き方が骨盤を変える

ポッコリと出てしまったお腹や垂れ下がったお尻、猫背などスタイルを悪く見せてしまう現象に悩んでいる女性の方も少なくないことでしょう。
そんな皆さんにぜひ知っていただきたいのが骨盤矯正ダイエットです。

 

上記のような身体の変化は骨盤の歪みが原因の一端を担っている可能性があります。
立っているときに片方の脚ばかり体重をかけてしまう、脚を組むときどちらか片方の側でしかスムーズに組めないなど、身体の左右のバランスが崩れている人は骨盤が歪んでいることが多いのです。

 

骨盤の歪みを解消し、スタイルアップや身体の調子を整えることが骨盤矯正ダイエットの目的です。
その方法として今日からすぐに取り組めるのがウォーキングです。
歩くというのは全身を使う動作ですが、骨盤が上半身と下半身を連動させることでスムーズな歩行を実現しています。

 

換言すれば、歩き方に注意を払うことで、骨盤にも良い影響を与えることが可能なのです。
骨盤を矯正するための歩き方で重要なのは、骨盤に意識を集中することです。

 

下腹部から脚の付け根にかけて、骨盤を動かすような気持ちで一歩を踏み出しましょう。
このイメージを持ったら、次は上半身に目を向けます。

 

骨盤は腰を支える骨の一部でもありますから、腰に負担をかけるような歩き方は骨盤の歪みを促進します。
そのため、背中は反り過ぎることなく猫背にもならないような姿勢をとらなくてはいけません。
肩甲骨を背中の中心に引き寄せて、軽く胸を張ると良いでしょう。

 

脚の踏み出し方としては、腰から股関節、そして足先へといった形で身体を動かします。
腰を主導させることで骨盤全体が引き締まり、歪みの矯正に繋がるのです。
骨盤ダイエットの第一歩として、ぜひ骨盤を意識したウォーキングをお試しください。