骨盤矯正と呼吸

骨盤矯正と呼吸

たるんだお腹引っ込めたいけれど、何をしたら良いかわからない。
年齢を重ねるにつれて代謝が下がり、お腹が出てきてしまうのはある程度仕方がないことかもしれませんが、これを改善したいと思う方も多いことでしょう。

 

そんなときにおすすめなのが、骨盤矯正ダイエットです。
骨盤は内臓を保護するという役割を担っています。

 

これが傾く、開く、捻じれるといった形で歪んでしまうと、内臓全体が下垂します。
その結果、ポッコリとしたお腹になってしまうのです。

 

つまり、骨盤の歪みを整えて正しい形に戻してあげれば、下腹のたるみを解消する一助となります。
骨盤矯正を利用したダイエットにはストレッチや筋トレなど様々な方法が存在しますが、そうした骨盤矯正をアシストする呼吸にも注目してみましょう。

 

呼吸とは単に空気を吸って履くだけの運動ではありません。
方法によっては、お腹を引き締めて骨盤矯正ダイエットの効果を引き上げてくれるのです。
骨盤を整えるためには、お腹を意識した腹式呼吸を続けることが肝要です。

 

普段呼吸をする際、皆さんの身体はどのように変化しているでしょうか?
空気を取り込んだときに胸が盛り上がるという人は、胸式呼吸です。
こちらは素早く空気を取り入れるのに最適ですが、骨盤矯正にはあまり効果がありません。

 

一方で、お腹までしっかり使って空気の出し入れをする腹式呼吸は、骨盤を外側から引き締めてくれます。
お腹が膨れるまで空気を吸い込み、吐き出しながらお腹を引っ込める。
簡単そうに見えますが、実際やってみると腹筋が大きく動くのがお分かりいただけることでしょう。

 

腹筋の多くは骨盤の周りに存在するため、腹筋が出たり引っ込んだりすることは骨盤への刺激になるのです。
骨盤ダイエットを成功させたいという人は、腹式呼吸で骨盤を整えていきましょう。